コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

店舗のあるべき姿イメージ出来てますか?

店舗のあるべき姿イメージ出来てますか?

 


店舗を立て直し黒字化する方法は、あるべき姿を明確にイメージするところから始まります。

 

なぜなら、店舗のあるべき姿を明確にイメージしないと何をどう立て直すべきかがわからないからです。

 

店舗のあるべき姿には、経営理念やコンセプトの抽象的なものと、数値目標等の絶対的なものがあります。

 


店舗を立て直し黒字化するには、最低限、経営理念と数値目標を見直すことが大切なんです。

 

じつは、業績が悪化する店舗に限って店舗のあるべき姿が曖昧なままなんです。

 

例えば、経営理念がないために組織が方向感覚を失い、行き当たりバッタリの経営に陥っていたり、また数値目標がないために、利益やコストに対しての意識が低いままなんです。

 

また、経営理念や数値目標がない店舗は業績がひとたび悪化すると、店舗を立て直し黒字化することが難しくなるので、業績悪化の負のスパイラルに陥りやすくなんです。

 

だから、まずは経営理念やコンセプトの見直しと改善を図り、それを数値目標化した上で具体的な活動に落とし込むことが必要なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#店舗のあるべき姿#イメージ#立て直し#黒字化#経営理念#コンセプト#数値目標#業績悪化#曖昧#方向感覚#行き当たりばったり#意識が低い#負のスパイラル#具体的な活動#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20191113075640j:image