コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

「ほめる」ときは根拠を示すこと

「ほめる」ときは根拠を示すこと 

 


間違って「おだてる」と成長を妨げるもの。

 


多くの上司は、「おだてる」と「ほめる」の区別ができていません。

 


「おだてる」とは、相手の嬉しがることを言って、得意にさせることです。

 


これは人の成長を妨げます。

「ほめる」時には、「何が、どうよかったのか」を具体的な根拠で示してさらなる成長を促すことが必要なんです。

 


「おだてる」は主観的「ほめる」は具体的なんです。

 


「頑張っているね」と声をかけるのは「おだてる」です。

 


なぜなら「頑張っている」という言葉は主観的な解釈ができるからなんです。

 


声をかけられた人は、「こんな感じでやっていればいいんだ」と、物事を甘く考え慢心するものです。

 


だから、ほめるときは具体的に何がどうよかったのかを数字とともに伝えることが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店#ほめる#根拠を示す#おだてる#成長を妨げる#おだてるは主観的#ほめるは具体的#慢心#数字とともに伝える#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20191227073044j:image