コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

アフターコロナで求められる飲食店とは

アフターコロナで求められる飲食店とは

 


コロナウイルスの影響でテイクアウトにシフトする飲食店が非常に増えています。

 


飲食には、内食と呼ばれる家庭料理と中食と呼ばれる弁当や惣菜や宅配ピザなどのデリバリーと外食と呼ばれる飲食店があります。

 


昔は内食が大半で一部外食がある程度でしたが、マクドナルドやファミリーレストランなど飲食チェーンが増えるに従って、外食が外食産業と呼ばれるようにビジネスとして巨大化していきました。

 


その後はコンビニ店を中心に弁当や惣菜の中食が台頭して、今回のコロナではより一層外食から中食にシフトする動きになってきました。

 


コロナ収束後のアフターコロナでは、食べるだけならお店に行かなくてもデリバリーやテイクアウトをしたらいいという風潮になり、お店に足を運んでもらう飲食店では、お店に行かないと得られない感動や満足を今まで以上に求められると思います。

 


そのためには、足を運んでもらうための強力な理由を作らない限り飲食店として生き残ることは難しい時代になると予想できます。

 


飲食店経営者は、これからどう生き残るかを真剣に考えることが不可欠なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#アフターコロナ#テイクアウト#内食#中食#外食#外食産業#デリバリー#足を運んでもらう#感動#満足#強力な理由#生き残る#真剣に考える#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20200502065756j:image