コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

売り切れを自慢しない

売り切れを自慢しない

 


ラーメン店で、スープがなくなったから閉店する店は少なくありません。

それを繁盛店のように自慢する人もいます。

 


でも、飲食店の基本は営業時間を守ることと、メニューの売り切れは起こさないことです。

 


私自身、マクドナルドで15年勤務していましたが、マクドナルドでは売り切れはダブーでした。

 


もし、食材が切れそうな時は、近隣店舗に借りに行って、売り切れにしないのは常識になっていました。

 


居酒屋の鮮魚メニューで、仕入れた魚が完売しての売り切れはしょうがないところもあります。

 


鮮魚なので、余らせても翌日に使えないこともあるので、売り切れもあると思います。

 


しかし、グランドメニューや定番メニューで売り切れはいけません。

 


売り切れで閉店することは、営業時間というお客様に対しての「約束」を破る行為でお店の信用をなくすことになります。

 


また、メニューの売り切れも、せっかくそのメニューが食べたいと思って来店したのに、そのメニューがないのは詐欺にあったようなものです。

 


飲食店店長は、絶対に傲慢になってはいけません。

お客様と約束した、営業時間やメニューは守ることは当たり前のことです。

 


これから飲食店経営は、益々厳しさを増していきます。

そのために、真摯に飲食店経営に取り組むことが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#売り切れ#ラーメン店#スープ切れ#閉店#繁盛店#自慢#マクドナルド#ダブー#約束#傲慢#お店の信用#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20200616070819j:image