コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

これからの飲食店に有望な物件とは?

これからの飲食店に有望な物件とは?

 


コロナの影響により、外食は極端に減って、自宅で食事を取ることが非常に増えています。

 


また、自宅で料理を作るだけでなく、テイクアウトやデリバリーで食事を取ることも多いと思います。

 


ただ、テイクアウトやデリバリーでは飲食店の本来持つ価値は、半減しています。

 


したがって、テイクアウトやデリバリーで今までと同じくらいの売上を上げることは不可能に近いと思います。

 


緊急事態宣言が解除されて、少しずつ客足は戻っているものの、以前と同じような売上は難しいのではないでしょうか?

 


特に、繁華街の店舗は完全に戻ることはありません。

人が集まりやすい場所は、避けることが予想されるからです。

 


逆に、人通りが少ない住宅地にあるようなお店の方が安心できることから、都市の周辺地域の方が飲食店として繁盛していくのではないかと予想できます。

 


これから飲食店を開業しようとする場合、郊外の駅近や住宅地の物件の方が成功する可能性は高くなるでしょう。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#有望#物件#コロナ#外食減少#テイクアウト#デリバリー#不可能#緊急事態宣言解除#繁華街#郊外#住宅地#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20200715073253j:image