コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

経営ビジョンを持つ

経営ビジョンを持つ

 


会社を経営していく上において、経営ビジョンを持つということは非常に重要です。

 


今回のコロナで倒産する会社は少なくありません。

その多くがビジョンがなかったり、流行りだけを追いかけた結果なんです。

 


経営者に経営ビジョンがないと、会社経営が行き当たりばったりの出たとこ勝負になり、結果的に事業が迷走し経営困難に陥ってしまいます。

 


目先の売上増加を望むあまり、無理な企画を推し進めて失敗する会社は少なくありません。

 


また、クレームの対応に追われるばかりで、業務がないがしろになってしまうこともあります。

 


このような状態では会社の成長は難しいでと思います。

 


そのようなことにならないようにするには、しっかりした経営ビジョンを立てることが大切なんです。

 


経営ビジョンを作るときに重要なことは「経営理念」を掲げることです。

 


「経営理念」とは、企業の価値や強みをはっきりと明示することが大切なんです。

 


この「経営理念」により、従業員にとって目標が明らかになり、従業員の意識を高めることができるんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#経営ビジョン#コロナ#倒産#流行り#行き当たりばったり#迷走#経営困難#売上増加#無理な企画#クレーム#経営理念#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20200726074121j:image