コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

Go toイートに期待しない

Go to イートに期待しない

 


最近、Go toイートの話題が飲食業界に溢れています。

 


でも、良い話題よりも悪い話題の方が多いのはなぜでしょう?

 


それは、お金しか絡んでいないからなんです。

 


ポイントを付けて、お客さんにお得感で飲食店に引っ張ろうというシステムであり、以前からあったぐるなびホットペッパーなどのクーポンを付けて、割安感やお得感で集客する方法と同じだと言えます。

 


この集客では、安いものを求める客層しか集められず、このキャンペーンで来店したお客さんが通常の価格で来店することはありません。

 


本当のお客様は、クーポンで来店に左右されることはあまりありません。

行きたくなるお店や食べたくなる料理のお店に行くからです。

 


安いからとクーポンがあるからと動くお客さんは「良いお客様」にはなり得ません。

 


飲食店はそのお店が好きでファンになったお客様で経営が成り立っています。

 


だから、クーポンのお得感だけ求めるお客さんが利用するだけのキャンペーンで飲食店が復活することはありません。

 


それよりも、売上が少なくても経営が継続できるような持続化給付金や家賃給付金のような支援の方が必要なんです。

 


支援により、経営を継続できれば、その間に新しいコンセプトの店作りや新たなメニュー開発を行い、お客様から価値を認めて頂ける店作りが可能になるからです。

 


ただ、これ以上の給付金は難しく飲食店としては、無利子の融資を活用して完全復活のために準備を怠らないでほしいと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者

#Go toイート#ポイント#悪い話題#お得感#クーポン#集客#ぐるなび#ホットペッパー#支援#融資#良い飲食店#コンセプト#メニュー開発#ナンバー2養成#人材育成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#フリーランスf:id:naoki3244:20201022080100j:image