コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

ナンバー2は特別な存在

ナンバー2は特別な存在

 


社長は、常にナンバー2を特別扱いし尊重しなければいけません。

 


ナンバー2を他の社員と同じように扱っていて、ナンバー2としての自覚を持てと言われて、自覚なんか持てる訳がありません。

 


社長はナンバー2を社員の一人として見るのではなく、ナンバー2として扱い、特別扱いをする必要があります。

 


たとえ、副社長や専務などの役職を付けたとしても社長の扱いが変わっていなければ、本当のナンバー2とは言えません。

 


重要なことはナンバー2だけを呼んで相談しなければいけません。

 


たとえ、その時に的外れつなとんちんかんな答えが返ってきたとしても、社長の結論とそこに至った理由を、ナンバー2が納得いくまで説明することです。

 


特に会社の方針を伝える際には、時間をかけて理解してもらえるように話をする必要があります。

 


こういった過程無くしてナンバー2との意思疎通はありませんし、ナンバー2として成長するはあり得ません。

 


この時にもし、これは俺が決めたことだから、というトップダウンをした瞬間、ナンバー2は永遠に口を閉ざすでしょう。

 


だから、社長はナンバー2を特別扱いすることが会社の発展につながっていくんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#ナンバー2は特別な存在#特別扱い#自覚#相談#結論#方針#説明#納得#意思疎通#成長#人材育成#ナンバー2養成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#フリーランスf:id:naoki3244:20201107072146j:image