コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

安易に新規参入しない

安易に新規参入しない

 


コロナにより、今までやってきた業態を変えたりする飲食店が増えています。

 


それまでテイクアウトをしたことがなかった居酒屋が、いきなり弁当を販売したり、ウーバーイーツなどを使ってデリバリーを始めたりと生き残る工夫をしています。

 


最近では、大手チェーンが居酒屋を焼肉店に変えるなど大きく変更するケースも見られます。

 


しかし、テイクアウトやデリバリーも、元々それをメインの業態としてやってきた弁当チェーンやピザチェーンは、テイクアウトやデリバリー専門店として地位を確立してきました。

 


そして、メニュー開発やテイクアウト用の容器やデリバリーの保温などのノウハウを蓄積してきました。

 


それをコロナで影響を受けたからと言って、やったことのない業態に参入して上手くいくことは少ないのではないでしょうか。

 


実際に、テイクアウトやデリバリーに参入して以前の売上が回復した飲食店はほとんどありません。

 


結局、危機で新たに対策を打ったという自己満足でしかありません。

 


大切なことは、今までやってきたを否定するのではなく、コロナ対策をしながら料理やサービスを更にレベルアップさせることなんです。

 


それが本当に生き残る方法だと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#新規参入しない#テイクアウト#弁当#ウーバーイーツ#焼肉店#和民#ノウハウの蓄積#レベルアップ#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#フリーランスf:id:naoki3244:20201120152218j:image