コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

経営者のバランス感覚とは

経営者のバランス感覚とは

 

経営者の偏った知識、偏った経験、偏った思考では、バランスの整った経営を実現するのが難しくなります。

 

例えば、経営者のバランス感覚が悪ければ、業績が伸び悩んだり社員や取引先の不満が噴出するといった衰退リスクが高まる一方になります。

 

経営者の偏ったバランス感覚を中心に持ってくるには、徹底して経営の基本を学ぶことが欠かせないものです。

 

何事も基本は強靭なバランス感覚を養うことが大切なんです。

 

当然、基本が身についてないうちに応用や自己流に走ってしまうと崩れたバランスで走り続けることになります。

 

アンバランスな状態で走り続けると、転ぶのは時間の問題なんです。

 


経営において、失敗しないことは、成功することよりも重要なことなんです。

 


だから、経営者は経営のバランスをいつも注意しながら進めることが大切なんです。

 

もし、能力や知識不足でバランスが崩れてると思うなら、経営者自ら勉強したり、優秀な人材を採用してバランスを保つことが必要なんです。

 


 #飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#バランス感覚#偏った知識#偏った経験#偏った思考#伸び悩み#自己流#アンバランス#勉強#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20201211072716j:image