コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

手作りは美味しいという錯覚

手作りは美味しいという錯覚

 

 

 

手作りをウリとしている飲食店は少なくありません。

 


多いのはガンコな料理人がやってる店を想像しますが、チェーン店の大戸屋も手作りをウリにしています。

 


ただ、今の時代は手作り感は決してウリにはなりません。

 


カトキチが出した冷凍うどんが生めんを超えた頃から、冷凍技術が格段にレベルアップして、冷凍食品の方が美味しいとさえ言われる料理も少なくありません。

 


高級料理店でさえ、一部メニューは冷凍食品を活用しており、スタッフの手間を省き効率化に貢献しています。

 


これからの飲食店は、製造方法にこだわるのではなく、レベルの高い食材や料理を他では体験できないような雰囲気で満足感を演出することが不可欠なんです。

 


そのためには、世の中にあるすべての知恵と技術を駆使することが大切なんです。

 


だから、手作りは美味しいという錯覚に囚われずに飲食店経営を考えてほしいものです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#手作り料理#手作りは美味しいという錯覚#大戸屋業績#店内調理#ガンコ#カトキチ#冷凍うどん#冷凍技術#レベルアップ#効率化#満足感#知恵と技術##人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210126152022j:image