コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

上司の言葉は重い

上司の言葉は重い

 


上司が何気なくいった言葉であっても、部下は深刻に受け止めます。

 


特に社長やオーナーなど絶対的な権力を持つ人の場合、その発言は法律とほぼ同じにように部下は受け取るため、言葉を選びよく考え慎重に発言しなければなりません。

 


また、いくら口がうまくても人格が備わっていなければ部下の信頼は得られません。

 


上司は常に言行一致を心がけていないと、部下はついてきてくれないものです。

 


上司の話す言葉がとてもよく考えられていて、大所高所から物事を判断していると好感を持たれるものです。

 


こういう人物でなければ、上に立つことは難しく、仮に上に立ったとしても部下は喜んでついてはこないと思います。

 


言葉というものは、そう簡単に取り消せるほど、軽いものではないんです。

 


もちろん、根本が間違っていたのなら、すぐに訂正しなければいけませんが、大勢に影響のない小さなミスなら直してはいけません。

 


ころころと意見が変わるリーダーは決して部下から信用されません。

 


口に出す前に、集中して深く考えることが大切なんです。

 


自分の言葉によって引き起こされる事態を想像して、その準備や覚悟ができているかを自分に問うことも必要なんです。

 


一度口にしたことには徹底して責任を持ち、そして何を言われても意見を変えないこと。

 


それが上司としての心構えなんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#上司の言葉#重い#何気ない言葉#深刻に受け止める#慎重に発言する#人格#言行一致#大所高所#自分の言葉#準備#覚悟一度口にする#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210313072753j:image