コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

フランチャイズ

フランチャイズシステムの限界

 


私自身、フランチャイズに加盟したこともあり、逆にフランチャイズ本部の立場になったことがあります。

 


本来は、対等な関係であり共同体と言えるものです。

 


だから、お互いがウィンウィンの関係でなくてはいけません。

 


でも、それぞれが違った思惑を持っており、本当の共同体になることはありません。

 


加盟者は当初は大企業の看板を掲げられたり、経営指導も受けられるために経営が素人でも簡単に経営者になることができます。

 


しかし、時間が経つに従って素人からプロとしての感覚が芽生えて、本部に支払う費用自体に疑問を感じていきます。

 


ここで両者の意識のズレが出てきます。

 


本部はこういった意識を考えることなく、契約に基づいた対応しかしないので、時間を経るにつれて両者の溝が深くなるんです。

 


また、小規模のフランチャイズ本部は、加盟金目当てで立ち上げるケースも多いため、本部機能も整っていないためにトラブルは尽きません。

 


起業したい人は、安易なフランチャイズに加盟せずに、自分で立ち上げるべきだと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#フランチャイズシステム#限界#対等な関係#共同体#ウィンウィン#加盟者#素人#プロ#意識のズレ#契約#加盟金目当て#本部機能#トラブル#自力で立ち上げる#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210420072540j:image