コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

経営者目線

経営者目線になれ!の意味とは?

 


多くの経営者が部下の従業員に対して「経営者目線になれ!」と言うことがあると思います。

 


しかし、その多くが部下に責任を押し付ける他責に見えないこともありません。

 


経営者としての苦労を理解して欲しいとの願いがあるのだと思います。

だから、ちゃんと仕事しようよ!

の意味があるんです。

 


でも、私自身が言う経営者目線になれ!はサラリーマンであっても1人の個人事業主のように自分を商品の1つとして責任を持ってビジネスを行うことを言います。

 


私自身、サラリーマン時代は毎月のように決められた給料が振り込まれることが当たり前になっており、自分の仕事が給料に見合っているか考えたこともありませんでした。

 


しかし、自分が個人事業主になって初めて稼ぐことの難しさやすべての責任が自分にかかることの重みを感じました。

 


サラリーマンであっても、自分が個人事業主だと考えれば、どんな仕事をして報酬を得るかが見えてくるのではないでしょうか。

 


それが見えてきた時に経営者目線になるのだと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#経営者目線#責任の押し付け#他責#苦労#理解#個人事業主#自分が商品#サラリーマン#給料振込み#稼ぐ#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210626073145j:image