コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

新たな流れ

飲食業界の新たな流れ

 


コロナ以前から飲食業界では個人客に重きを置いた“個の時代への転換”が言われていました。

 


コロナは、この流れを一気に、しかも極端な形で推し進めたと言えるでしょう。

 


大型宴会に頼っていたチェーン居酒屋業界ではコロナの影響は特に甚大だったようです。

 


ファミレスは“個の時代への転換”がむしろ追い風になっていた部分もあるので、実は全体の中ではまだ多少有利な立場だったはずです。

 


それにもかかわらずのこの厳しい状況というのは、コロナが与えた飲食業界全体への影響の凄まじさを物語っていると思います。

 


飲食店の閉店のニュースは相次いでいます。

 


ウィズコロナの時代において、ほとんどの店は、これまでと同じやり方を続けるだけでは結局、潰れるまでの時間が長いか短いかだけでしかありません。

 


この時代で生き残るために重要なのは、今後社会の変化にいかに迅速かつ的確に対応できるかが鍵になると思います。

 


そういう意味では、既存店舗を躍起になって残すことよりも、不採算店舗や今後の発展性の薄い店舗を閉めてでも、新たなビジネスモデル構築のために経営資源を集中させることのほうが重要ではないかと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者

#飲食業界#これからの流れ#個の時代#転換#既存店舗#不採算店#整理#新たなビジネスモデル#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210702073404j:image