コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

居抜き物件

居抜き物件が失敗する理由

 


厨房機器のレイアウトは繁盛店になるために非常に重要なことなんです。

 


居抜き、スケルトン物件ともに選ぶ際に同じ間違いを犯すことがあります。

 


それは、不動産物件は特にスケルトンの場合、ガス、水道のバルブ止めと言って床や壁からパイプやメーターが出ているところまでの仕上りとなって引き渡されます。

 


最近の店舗物件だと換気扇や有圧扇などが既につけられているものもあります。

 


この状態から厨房を作ることを考えると出来るだけ無駄のないように、建物側の意図に沿った水道、排水、それにダクトの下にガス配管となります。

 


図面上は非常におさまりが良いのでその時点で問題点に気づく人はまずいません。

 


でも考えてみて下さい。

本来厨房のレイアウトとはどのような料理を作るのかによって決まるはずです。

 


決して建物の設備に合わせるものではありません。

 


実はこのことが後に居抜き物件として引き継がれていく際にも同じ過ちを引き継ぐこととなるのです。

 


だから、どんな店作りでスタッフの作業動線などを考慮して選ぶ必要があります。

 


その際は居抜き物件であっても多少費用がかかっても作り直す覚悟でないと永く繁盛するお店を作ることは出来ません。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#安易に居抜き物件を選ぶな#レイアウト#作りたい店のレイアウトにする#繁盛する店作り#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20211109152507j:image