コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

数字で考える

数字で考える習慣を持て!

 


経営を考える時に数字は結果として見られる場合が多いと思います。

 


実際にビジネスの世界では成果や評価、報酬までのほとんどが数字で表されます。

 


したがって、できる人は結果から経営状況や結果に至るプロセスまで想像することができるんです。

 


逆に、結果の数字を出すためにどんなプロセスで仕事を進める必要があるかを想像することもできるんです。

 


特に経営は数字でしか表現されません。

 


経営に不可欠な、損益計算書貸借対照表、決算や確定申告などすべて数字で表しています。

 


でも、実際の会社運営や店舗運営は人と人どの関わりも多く、数字では表せない部分も少なくありません。

 


ただ、従業員やお客様との関わりが経営には大きく反映されるために、具体的なアナログのような運営と数字を切り離すことは出来ません。

 


したがって、できる人は数字と運営状況を結びつけることができるのです。

 


できる人になるためには、常に運営状況から数字を想像したり、数字から運営状況を想像することが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#数字で考える#できる人#結果#成果#評価#プロセス#想像する#損益計算書#貸借対照表#確定申告#店舗運営#人との関わり#アナログ#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀f:id:naoki3244:20221128065032j:image