コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

組織は経営者の器に比例する

組織は経営者の器に比例する

 


組織が大きくなる過程で色々な社員が入ってきます。

 


特にナンバー2になる人材は経営者以上の能力を持った人も少なくありません。

 


経営者がその人材を上手く活用してナンバー2としての力を存分に発揮すれば必ず大きな組織に成長します。

 


でも、多くの経営者は優秀なナンバー2に嫉妬したり、自分の会社が乗っ取られるような危機感を感じて最悪ナンバー2を追い出しにかかります。

 


そうなった時には組織が崩壊して会社は倒産か良くて縮小になるのは目に見えています。

 


だから、会社を大きくしたい経営者は誰よりも器の大きい人間になることは不可欠なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#組織は経営者の器に比例する#ナンバー2に嫉妬#乗っ取られる#危機感#追い出す#組織が崩壊#縮小#器の大きい人間になる#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210124071550j:image

あなたのお店は必要とされてる?

あなたのお店は必要とされてる?

 


私たちは社会の中で生きています。

 


現代社会は、事業を提供する会社に人が集まり、人と人が一緒に仕事をしている社会になっています。

 


つまり、私たちは事業からなる社会に生きているんです。

 


人間は、常に何かを考えずにはいられません。

 


人間は今よりも少しでも向上したいという意思を持った精神的な生き物だからです。

 


仕事は生活さえできればどんな仕事でも構わないという人はそれほど多くはありません。

 


仕事は生活の手段としてだけではなく、それぞれの人生を形作る重要なものになっています。

 


仕事に何らかの意味を求めて、価値ある仕事をしたいと誰もが望んでいます。

 


仕事に価値を求める人間が集まって、力を合わせて仕事をしようというのですから、事業は「何のため」という目的が必要なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#事業の目的#ドラッカー#社会の中で生きている#仕事の意味#仕事の価値#力を合わせて仕事する#ナンバー2養成#人材育成#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210123152503j:image

改革には血が流れる

改革には血が流れる

 


コンサルティングの案件でもっとも多いのが経営の立て直しです。

 


売上が減少して赤字が続き、社内で色々改善したものの改善出来ずに専門家に依頼してくるケースが多いんです。

 


社内での改善は、現場の意見を尊重して販促にお金をかけるとかメニューを一部変更を加えるなど微調整に過ぎない改善で良くなることを期待します。

 


しかし、赤字が続いている会社でわずかな改善で赤字が解消することはありません。

 


たとえて言うならば、社内では内科的治療でやってきたがそれでは病巣が取り切れない状態だったんです。

 


外部の専門家に依頼するケースは同じようにたとえると外科的治療で血を流して完治させることであり、会社でも赤字を解消するためには人の入れ替えや降格など血を流すような改革をする必要があるんです。

 


結局、経営は人なんです。

人が変わらなければ改革は出来ません。

人を入れ替えるか考え方を変えるか、そんな血を流す覚悟がなければ経営を立て直すことは出来ません。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#改革には血が流れるもの#経営立て直し#売上減少#赤字#改善#専門家#販促/#メニュー変更#微調整#内科的治療#外科的治療#人の入れ替え#病巣#考え方を変える#血を流す覚悟#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210123080231j:image

飲食店店長は一喜一憂するな!

飲食店店長は一喜一憂するな!

 


売上が下がったり、利益が減った時は誰でも落ち込むものです。

 


でも、店長がその時に一喜一憂していては心が持ちません。

 


どんなビジネスでも必ず売上や利益の波はあります。

 


良い時もあれば悪い時もあります。

だから、結果で一喜一憂する前にお店は円滑に回っているか、お客様に満足して頂いているかに注意を払うことに心を配ることが大切なんです。

 


特に飲食業は感情のビジネスだから世の中の風潮やお客様の気持ちに左右されるため、いちいち結果に反応せずに自分がやるべきことに集中することです。

 


誠心誠意お客様に向き合えば必ずお客様はそれに応えてくれるものです。

 


飲食店店長は自分を信じて部下を信じて、お客様を信じることが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#一喜一憂#売上が下がる#利益が減る#良い時も悪い時もある#お客様満足#注意を払う#心を配る#感情のビジネス#気持ちに左右される#やるべきことに集中#誠心誠意#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210122153057j:image

経営者は真実を見極める

経営者は真実を見極める

 


今の世の中は事実に右往左往することが多く、経営者も事実に振り回されているのではないでしょうか。

 


飲食店経営でも売上が落ちている事実にあたふたして、世の中のせいや今であればコロナのせいにしている経営者や店長は非常に多いと思います。

 


しかし、売上が落ちている原因はコロナのせいだけではない真実が隠されているのではないでしょうか?

 


つまり、料理や接客など飲食店が基本とすべきQSCが疎かになっている真実に目を背けて、事実のみで世の中の景気など他責にしているんです。

 


周りの人や従業員が右往左往しても経営者は現状を冷静に分析して、真実を見極めて、経営者として何をすべきかを判断することが大切なんです。

 


特にコロナに関しては、国や自治体の長が色々発信していますし、テレビなどのメディアでも専門家たちがそれぞれの立場で発言していますが、それらを鵜呑みにせずに自分で考えて、真実を見極める目を持つことが経営者としてリーダーとして必要だと理解してほしいと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#真実を見極める#世の中#右往左往#コロナのせい#原因#冷静に分析#鵜呑みにしない#リーダー#メディア#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀フリーランスf:id:naoki3244:20210122071303j:image

今、飲食店店長にできること

今、飲食店店長にできること

 


新型コロナウイルスの影響で売上が落ち込んでる店舗がほとんどだと思います。

 


こういう時には心が右往左往して、毎日日々の運営どころじゃない気持ちの店長は多いと思います。

 


でも、こういう時に飲食店店長としての本質が現れます。

 


中には、スタッフに当たったり、見るからにゲッソリした態度になったりして周りの人間にも影響します。

 


逆に、こういう時こそ元気を出してスタッフ皆を奮い立たせる店長もいます。

 


お店が繁盛して店長が元気なのは当たり前です。

 


問題が発生しても、普段と変わらない態度でいるかどうかで飲食店店長の本当の姿が明らかになります。

 


何が起こっても、内心は落ち込んでても、表面は何も問題ないかのように振る舞うことで、人間としての信頼が高まるものです。

 


今一度、冷静になってどう行動するかをしっかり考えることが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長今できること#新型コロナウイルス#売上落ち込み#右往左往#日々の運営#本質#スタッフに当たる#ゲッソリ#奮い立たせる#信頼が高まる#冷静#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210121151934j:image

続けるにはコツがある

続けるにはコツがある

 


今やっていることを毎日続けるためのコツって何でしょうか。

 


何をやっても続けられないことに悩んでませんか?

継続は力なりと分かっていても、できないことはあるものです。

 

実は、人間はもともと続けることが苦手な動物なんです。

 


動物は毎日同じものを食べても飽きることはありません。

 


でも、人間は毎日同じものを食べるといくら大好きなお寿司やステーキでも絶対に飽きてきて他の料理が食べたくなります。

 


つまり、人間の飽きるという本能から、それだけ毎日何かを続けることはとても大変なことなんです。

 


続けるためには、習慣化することしかありません。

 


三日坊主と言われるように、3日後から飽きが始まります。

その時から1日1日歯を食いしばって2週間続けてみることです。

 


そうすると、気持ちの中に続けないと気持ちが悪くなります。

それが習慣化された証明なんです。

 


これが正しく続けるためのコツなんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#続けるにはコツがある#継続は力なり#人間は飽きる#習慣化#三日坊主#歯を食いしばる#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210121072837j:image