コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

自分から

まずは自分から、、

 


今世の中が「他責化」が進んでいるような気がします。

 


「他責化」とは、他者や他人に責任を押し付けることが常態化することです。

 


最近は、コロナで国や県の対策に苦情を言っている経営者は少なくありません。

 


たしかに、国の感染対策や経済対策が後手後手になったり、言っていることがコロコロ変わったりと、より不安が増加しており、当たり前の苦情だと思います。

 


こういう国だから、あてにしないことも大切なんです。

 


あてにするから、自分に有益じゃないと苦情になり、他責になります。

 


その他責は、自分の活力を失わせることになります。

 


他責にしても何も変わりません。

 


まずは自分から、自分が出来ることを精一杯やるだけです。

 


そうすることで必ず光が見えてくると思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#まずは自分から#他責化#常態化#責任を押し付ける#コロナ#苦情#感染対策#経済対策#後手後手#あてにしない#活力#光が見えてくる#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210804072918j:image

飲食店経営

飲食店経営は甘くない

 


芸能人やスポーツ選手が兼業だったり引退した後などに飲食店を経営する人が昔からすごく多いなぁって思います。

 


飲食店のプロから言わせてもらうとどれだけ飲食店経営を舐めてるんや!

と、、、

でも、成功して人はごく僅か。

開業当初はメディアに取り上げられて、それなりに集客出来てるんで、いつの間にか「オレ、飲食店経営のセンスあるんだぁ〜!」とメチャメチャ勘違い人間になっちゃう。

そして、芸能界やスポーツ界でそれなりに稼いだお金もすべて失くしてしまう。

 


これは別な業界にいたから失敗したからでなく、飲食業界に居た人でも簡単に失敗する。

失敗する人はすべて勘違いしてる人だということ。

「店さえ作れば自然とお客さんがくる」

「自分は友達多いから、みんな来てくれる」

「自分の料理出せば、お客さんは寄ってくる」

などなど、、、

言い出せばキリがないくらいの勘違いコメントが出てくる。

 


やっぱり政治でも経営でも「謙虚」が一番!

飲食店で本当に成功するためには「お客様」に喜んで頂くために、何が出来るか?

を24時間考え続けられて、実行することが必要なんです。

 


もし、知り合いで飲食店を開業しようとしてたら「止めたほうがいいよ!」と言ってあげてください。

それが一番の優しさだと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#素人#芸能人#飲食店経営を舐める#勘違い人間#謙虚が一番#お客様に喜んでいただく#止めてあげる#お客様満足#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210803152436j:image

口コミ

飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書(解説コラム)

 


第2章集客「口コミは簡単じゃない」

 


このコロナ禍でもあまり売上を落としていない飲食店は少なくありません。

 


そういうお店は常連客が多く、常連さんに支えられています。

 


その常連さんの多くは口コミで来店したお客様なんです。

 


第2章のテーマである集客と言うと、多くの人はグルメサイトに掲載してクーポンなどの割引でお客様を集めることをイメージします。

 


しかし、こういった集客方法で長続きするお店はありません。

 


お客様は、良いお店かどうかでしか判断しません。

 


そこで一番確実な集客が「口コミ」なんです。

 


でも、お客様に「口コミ」してもらうハードルは非常に高いんです。

 


普通に期待通りで満足くらいでは「口コミ」にはなりません。

 


それは、知り合いにあるお店を絶賛したのに、知り合いが行ったら大したことがなかったと言われたら、自分の基準が疑われるから、少し良いくらいのお店を口コミしないからなんです。

 


実際に「口コミ」をしてもらうためには基本のQSCからしっかりとした店舗運営を常に行うことです。

 


その上で、お客様に感動してもらうための創意工夫を繰り返すことです。

 


それ以外に繁盛して成功する方法はありません。

 


また、本書には集客に関して、QSCや戦略戦術の企画方法に至るまでを詳しく解説しています。

 


ぜひご一読頂ければと思います。

楽天Amazonやヤフーショッピングでも販売していますが、最近は売り切れの店舗も増えていますので、私からも直接購入できますのでご希望の方はメッセージをください。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#出版#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#第2章集客#口コミ#QSC#ノウハウ#アマゾン#楽天#ヤフーショッピング#セルバ出版#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210803072543j:image

熱意

熱意だけは忘れるな!

 


コロナの収束がなかなか見えてきていません。

 


特に、飲食店経営は常に時短要請が出ている状況でほとんどのお店が大打撃を受け、いつ終わるともしれない危機に日々晒されています。

 


それまでは、一生懸命に経営していれば、報われることも多かったと思いますが、最近は一生懸命にやっても報われない状況が続いています。

 


だから、やる気もなくなってきて廃業する経営者も増えています。

 


また、廃業しなくてもやる気のない店舗運営を続けてサービスが以前よりも落ちている店も多くなっています。

 


しかし、必ず復活するときはきます。

 


だから、そのときのために今まで持っていた飲食店経営で成功したいという熱意だけは忘れないようにしてほしいと思います。

 


世の中、悪いことは続かないものです。

次には必ず良いことがあると信じて頑張ってください。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#熱意だけは忘れない#コロナ#大打撃#危機#一生懸命#報われない状況#やる気#廃業#サービス#復活#悪いことは続かない#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210802152630j:image

失敗

失敗のすすめ

 


誰も失敗しなければ、自分の能力や実力が分からないものです。

 


でも、人は失敗を怖れて踏み込めないことが多いものです。

それは、失敗をしたときに自分のプライドをなくしてしまうからです。

 


自分の夢を本当に追いかけたいなら、小さなプライドなど捨ててしまったほうがいいんです。

 


自分が何をしたいのか、何を成し遂げたいのか。

今のプライドよりも、そんな自分の生きざまが人生には大切なんです。

 


そして、成功体験も自分が成長する上で欠かせないものですが、失敗体験は自分を劇的に変える効果があります。

 


失敗を経験することは、本来の自分に気付くことなんです。

 


失敗しないと自分の能力や人間性の欠点が分からないままなので、能力も無いのにプライドだけ高かったり、他人よりも優れてると傲慢なままの人生を生きていきます。

 


私も大きな失敗から小さな失敗まで失敗ばかりの人生ですが、失敗を経験したことで、自分の足りないところや欠点が痛いほど分かりました。

 


だから今は欠点を克服するために、とにかく人間として成長し続けようと思えるようになりました。

 


そして、今はどん底を経験しましたが意外と明るく生きているし、死ぬまでに成功と言えるようになればいいかなって思えるようになりました。

 


だから、小さなプライドなど捨てて分からないことは聞いたり、教えを請うようにして自分を成長させてほしいと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#成功#失敗#能力#実力#小さなプライド#成功体験#生きざま#成長#どん底#教えを請う#自分を成長させる#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210802072629j:image

弱者

弱者には傘を差し出す

 


以前のドラマ「半沢直樹」の中で銀行は「晴れの日に傘を差し出して、雨の日には傘を取り上げる」つまり、経営が上手くいってる時は融資をして、経営が悪化すると融資しないと言われています。

 


これは、銀行だけでなく、政治家や経営者も常に肝に銘じることが大切だと思うのです。

 


特に、このような危機の際の「雨の日」には、より弱者に寄り添って援助や支援を行うことが必要なんです。

 


でも、多くの政治家は自己保身に走り、多くの経営者は経営不振を理由に廃業して従業員を解雇したり、給料削減したりしています。

 


経営者には、緊急融資や持続化給付金など、資金の制度がありますが従業員には失業保険以外の支援はあまりありません。

 


経営者は安易に廃業や経費削減するのではなく、資金繰りの対策を行い

従業員に対しての支援を優先して行うことが大切なんです。

 


危機の際には一番の弱者に対して何ができるかが政治や企業のリーダーには問われているのではないでしょうか?

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#弱者#傘を差し出す#半沢直樹#銀行#晴れの日#融資#雨の日#傘を取り上げる#経営悪化#支援#援助#コロナ#政治家#自己保身#廃業#解雇#給料削減#資金繰り#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210801073021j:image

心広く

リーダーは心を広く

 


組織の大きさはリーダーの心の広さや大きさに比例すると言われています。

 


心の小さい、心の狭いリーダーは自分の近い周りでしか影響を与えないために、組織の大きさには限りがあるからなんです。

 


自己保身や自己の利益にしか興味のない人間には人間としての魅力がないために、一時的に集まった人たちも何か奪われる感覚になり、次第に離れていきます。

 


したがって、このようなリーダーが多くの人間が集う組織を作ることがないからなんです。

 


また、心の広く大きい人はどんな性格の人間を受け入れる器の大きさがあり、自分の性格に合わないと思った人間も認めることができるものです。

 


認められた人間は、他人を認めることができる心の広い人間になります。

 


そして、心の広い人間が心の広い人間を作り、次第に大きな組織へと成長するものです。

 


人間は誰でも長所もあれば短所もあるものです。

 


でも、短所を心から受け入れられる人間は多くはありません。

 


リーダーはどんな短所でも受け入れられる心の広い人間であってほしいと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#広い心#組織#自己保身#自己の利益#魅力#奪われる感覚#器の大きさ#認められた人間#長所#短所#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210731072617j:image