コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

数字で考えろ!

数字で考えろ!

 


例えば、

・客単価をあともう少し上げろ!

・原価を下げろ!

・人件費を下げろ!

と言うのと、

・客単価をあと、100円上げろ!

・食材の原価率を2%下げろ!

・人件費をあと、1%下げよう!というのでは行動が全く変わってきます。

 

単に「客単価を上げろ」というだけでは、指示を出された方も「どの程度上げる必要があるのだろう?」と疑問に思ったまま、行動が具体化せず、結局「何も行動しない」から何も変わらないのです。

 

でも「客単価をあと100円上げろ」と指示がでれば、「どの程度」が明確になりますし、また100円と具体的な数値がでていますから、居酒屋などの場合を考えれば、4人のお客様がいれば、そのテーブルにこれまでよりも声掛けをするようにして、400円のデザートをそれまでよりも1品多く注文していただくことで、客単価が100円上がるというのが分かります。

 

そうなれば、「デザートのおすすめを強化することで100円の客単価UPを目指す」ことが目標となり、そのために、アルバイトにおすすめの仕方を再度教育したり、また、テーブルへの巡回頻度をあげるよう徹底したり、あるいはお客様が頼みたくなるようなデザートの開発をしようと、それぞれのポジションの行動がどんどんと具体化するようになるんです。

 

「売上があがる店」というのは、行動を具体的に実践しているお店です。

 


つまり、毎日何か「行動」を起こしているのです。

だからこそ、結果がでるのです。

 

一方、「売上が上がらない店」というのは「何もしていない店」なのです。

 


その原因の多くは、トップの指示が具体的でない場合がほとんどです。

 


また、単に「客単価をあげろ」というよりも、「客単価を100円あげろ」と言う方が、トップの「本気度」も伝わります。

 


経営者は常に数字を使って指示や指導することが大切なんです。

#飲食店#飲食店経営#飲食店オーナー#飲食店店長#飲食店開業#数字で考えろ#行動を具体化する#売上が上がる店#指示を具体的に#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#個別相談#名古屋

 

f:id:naoki3244:20190420090303j:imagef:id:naoki3244:20190420090303j:imagef:id:naoki3244:20190420090303j:image

経営者は不器用の方がいい

経営者は不器用の方がいい

 


よく「私は不器用で、要領が悪いんです。話すときも機転が利かなくて、後で後悔ばかりしています」という人がいます。

 


でも不器用な人は、確実に成長していける人だと思うんです。

 


器用な人は、その場ではすぐ出来ますが、その分すぐ忘れてしまいます。

 


それにすぐ出来てしまうためそこから先が深まっていきません。

 


また、大きな失敗をしたとき心が折れやすいのは比較的器用な人です。

 


「自分は不器用だ」と分かっている人は、人一倍努力します。

 


事前の準備も器用な人に比べると、綿密で準備万端で物事に取り組もうとします。

 


何度も失敗し、その怖さを知っているからです。

 


時間はかかりますが確実に自分のものにしていくものです。

 


そうするとある日、コツコツやってきたことが線でつながり突然色々なことに対応できるようになるものです。

 


どんなに時間がかかっても、あきらめずコツコツと努力するような「不器用さ」って愛すべきものかもしれません。

#会社#組織#社長#副社長#専務

飲食業#不器用#要領が悪い#確実に成長できる#準備万端#器用な人は心が折れやすい#不器用な人は愛すべき人#ナンバー2養成#人材育成#飲食店開業#飲食店経営改善#飲食店集客#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#無料相談受付中#名古屋f:id:naoki3244:20190419081038j:imagef:id:naoki3244:20190419081038j:imagef:id:naoki3244:20190419081038j:image

今の味に満足するな!

今の味に満足するな!

 


美味しい主力商品があり、そこそこお客様も入っていることで安心してませんか?

 


飽くなき新しい味の探求はしていますか?

 


そこそこお客様の入っている時点で、もう今の味は盗まれてる可能性があります。

 


盗まれていなくても、お客様の飽きは始まっています。

 


味の変化・劣化、他店の研究、新しい商品の開発等々、飲食店を経営してる以上、やることは一杯あります。

 


主力商品の人気は保ちながら、次のことを考えていかないと競合店ができるのはあっという間であることを肝に命じることが大切です。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店オーナー#飲食店店長#飲食店開業#今の味に満足するな#新しい味の追求#味は盗まれる#味の変化や劣化#商品開発#次のことを考える#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#個別相談#名古屋f:id:naoki3244:20190418080917j:imagef:id:naoki3244:20190418080917j:imagef:id:naoki3244:20190418080917j:image

経営者はお金の感覚を磨け!

経営者は「お金」の感覚を磨け!

 


経営で大切なことは、「お金」を残すこと、つまり利益を上げられなければ経営ではありませんし、それが出来ない人は経営者とは呼べません。

 


そのために大切なことは「お金」の感覚を磨くことです。

 


売上金の「お金」は経営者の「お金」ではありません。

あくまで、材料費や人件費や家賃など必要経費を払う前の預かり金なんです。

 


でも個人経営者の多くが自分の「お金」と勘違いしてレジから「お金」を抜いたり、レジから支払うことも珍しくありません。

そんな店舗に限って資金繰りに苦しむものです。

 


また、開業の際に金融公庫や銀行から借りた「お金」も自分の「お金」と勘違いして開業前に湯水のように使う経営者も目立ちます。

 


借入金は通帳に入るために口座に何百万円もあると「気」が大きくなり、簡単に使っていった結果、運転資金が足りなくなり、オープン景気が終わる3ヶ月辺りから資金不足に陥ります。

 


「お金」にはそれぞれ意味があります。

経営する上で余ってる「お金」などないはずです。

何のために使う「お金」なのかを常に考えることが必要であり、そういった感覚を磨くことが店舗経営の成功に繋がっていくと思います。

#会社#組織#社長#副社長#専務

飲食業#お金の感覚を磨け#利益を上げる#資金繰り#お金の使い方#ナンバー2養成#人材育成#飲食店開業#飲食店経営改善#飲食店集客#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#無料相談受付中#名古屋f:id:naoki3244:20190417075647j:imagef:id:naoki3244:20190417075647j:imagef:id:naoki3244:20190417075647j:image

値段を下げるな!

値段を下げるな!

 


未だにデフレ脱却とならず、一部の大手企業を除いてほとんどの中小零細企業は給料を上げられずにいます。

 


その割に原材料は上がり飲食店を苦しめています。

 


お客様も安売りを歓迎し、大手チェーンはそれに合わせるように安売りメニューのキャンペーンを行っています。

 


でも、小さな飲食店が大手チェーンのマネをしても利益が出ずに忙しくてもお金は残らない状態になります。

 


小さな飲食店が生き残るためには、逆に値段を上げてそれ以上の価値をお客様に提供するしかありません。

 


高い値段でもお客様に満足してもらう価値は何なのか?

それが飲食店経営者に求められる知恵の使い方なんです。

#店#飲食店経営#飲食店オーナー#飲食店店長#飲食店開業#値段を下げるな#価値を上げろ#大手の安売り#デフレ#知恵を使う#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#個別相談#名古屋f:id:naoki3244:20190416090258j:imagef:id:naoki3244:20190416090258j:imagef:id:naoki3244:20190416090258j:image

強みを作れ!

「強み」を作れ!

 


ドラッカーは、「強み」とは他より秀でている点であり、ヒト・モノ・カネを集中的につぎ込むべきところのこと。

 


対して「弱み」とは、致命的なものでない限り、無視するか後回しにしてもよいもののことと定義しています。

 


会社の経営でも「強み」が明確になっており、それが顧客に伝わっていなければ成果としての「売上」に繋がっていくものではありません。

 


飲食店でも、メニューひとつ取ってみても、なんでもあるようなメニューはお客様からしたら「何もない」と同じことなんです。

 


お店が1番自信を持っているメニューは何なのか?

 


そして、そのメニューのこだわりは伝えられているか?

 


常に自分の「強み」を自覚しながら、更には改善を加えながら他店に負けない店作りをすることが、繁栄に繋がっていきます。

 


経営者は常に自分の店舗や会社の強みを考えることが重要なんです。

 


#会社#組織#社長#副社長#専務

飲食業#強みを作れ#他より秀でる部分#ヒトモノカネ#顧客に伝える#こだわり#常に強みを考える#ナンバー2養成#人材育成#飲食店開業#飲食店経営改善#飲食店集客#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#無料相談受付中#名古屋f:id:naoki3244:20190415081751j:imagef:id:naoki3244:20190415081751j:imagef:id:naoki3244:20190415081751j:image

楽をして良い店を作るのがスゴイ店長

楽をして良い店を作るのがスゴイ店長

 


いかに楽して、いかに手を抜いて良い店作りができるかが本当の優秀な店長なんです。

 


楽をするということは自分であまり動かずにちゃんとした店舗運営をするという意味なんです。

 


自分が一番で自分の技術や現場の能力に頼って仕事をしている人には無理な話です。

 


つまりいかに人を使って仕組みを作って、自分がいなくてもレベルの高い店舗運営を可能にすることなんです。

 


ただ、それを考えることのほうが大変だということを解っていない人が多い。

 


本当は頭を使って考えて、自分の思うように部下に動いてもらうことがいかに難しいかを理解するべき。

 


人は自分の思ったようには動いてはくれないから、だから上司に必要な能力として「リーダーシップ」「コミュニケーション」などのスキルが求められている。

 


でも飲食店の経営者でそれを本当に重要だと思ってる人はまだ少ないと思う。それを理解できたら会社の成長も早いと思う。

#飲食店#飲食店経営#飲食店オーナー#飲食店店長#飲食店開業#楽をして良い店を作れ#自分の能力に頼るな#仕組みを作れ#頭を使って考える#コミュニケーション#リーダーシップ#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#個別相談#名古屋f:id:naoki3244:20190414080735j:image