コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

常連客

常連客がお店を救ってくれる

 


コロナ禍であまり影響を受けなかった飲食店は少なくありません。

 


そういった飲食店は、常連客を増やし常連客に満足してもらうことを地道に考えて営業を続けてきました。

 


流行りを追いかけずに、来店して頂いたお客様に満足して頂くことに専念しています。

 


ビジネスとしては、流行りに乗り一獲千金を狙う人間は少なくありません。

 


飲食業にそういった流行りで参入する人間もいますが、そういったお店が長く繁盛することはありません。

 


特に、流行り廃りのスピードが早くなっており、流行りが長く続かなくなっています。

 


今回のコロナで影響の少ないお店は昔からお客様管理を行い、お客様へのDMなどでコミュニケーションを頻繁に取ってきました。

 


これから飲食店がどんな危機に直面しても生き残るためにはお客様との関係を切らさないことが大切なんです。

 


強い常連客の存在がお店を救うことになるため、顧客管理を見直して常連客を獲得して離れない店作りを目指してほしいものです。

 


#飲食店#飲食店店長#飲食店経営#飲食店経営者#常連客#お店を救う#流行り#お客様満足#コミュニケーション#顧客管理#ナンバー2養成#人材育成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀f:id:naoki3244:20230131070139j:image

良い関係

ナンバー2と良い関係を築け!

 


社長とナンバー2は、どんなに忙しくても2人だけの時間を毎週必ず取ることが大切なんです。

 


社長もナンバー2も、日々の忙しい業務に追われ、具体的な業務の話をすることはあっても、会社の将来的な大きな話をする機会は少ないのが現実です。

 


でも、本当の信頼関係を築くには、会社を離れてプレッシャーのかからない話をすることが大切なんです。

 


社長とナンバー2が揃って会社を離れることで、よりナンバー2の特別感が演出できますし、社内では味わえない解放感が得られます。

 


また、具体的な仕事の話ではなく、「最近どう?」「なにか気になることは?」というような

漠然と聞くような感じがいいと思います。

 


そうすることで、ナンバー2の気がかりやプレッシャーを取り除き、よりよい関係が築けると思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#ナンバー2#良い関係#ふたりだけの時間#日々の忙しさ#将来的な話#信頼関係#プレッシャー#解放感#特別感#よりよい関係#人材育成#ナンバー2養成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀f:id:naoki3244:20230130070531j:image

剛腕リーダー

剛腕リーダーになれ!

 


今回のコロナ禍では、国や都道府県のリーダーが色々な発言を行ってきました。

 


でも、国民が支持するような剛腕リーダーはいないと感じたのは私だけはないと思います。

 


リーダーとしての資質が問われるのは、コロナのような緊急時に瞬時の決断と迅速な行動の場面なんです。

 


リーダーの資質が無い人間は緊急時にあたふたとしてしてしまい、思い切った決断が出来ないばかりか、幹部の部下に丸投げしてしまったり、他のリーダーのモノマネをしたりします。

 


ダメなリーダーは自己中心的になるものです。

 


緊急時に考えることは、自分が有利になるには、、、

という発想が先になるので、瞬時の決断が出来ないんです。

 


実際に、自分の立場を考えたり支持率を気にするような発言ばかりです。

 


危機の際に必要なリーダーは自分を捨ててでも、国民やメンバーのために剛腕な強いリーダーシップで発言や行動するべきなんです。

 


また、本書にはトラブルと危機管理に関して、クレームや衛生管理など飲食店経営の実務にそくした内容を詳しく解説しています。

 


ぜひご一読頂ければと思います。

 


本書は、楽天Amazonやヤフーショッピングなどのインターネットショッピングでも販売していますが、私からも直接販売してますのでご希望の方はメッセージをください。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#出版#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#第7章トラブルと危機管理#剛腕#リーダー#アマゾン#楽天#セルバ出版#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀f:id:naoki3244:20230129070243j:image

良い従業員

経営者は良い従業員になれ!

 


経営者になろうとする人は、人に使われたくないからという理由が多いものです。

 


しかし、そういう経営者に限ってパワハラモラハラと言った問題を起こします。

 


それは、従業員として忍耐力を身につけてこなかったり、部下の立場に立って物事を見られないような短所が影響するからなんです。

 


経営者は、お客様や部下に対して相手の立場に立つことが出来なければ絶対に成功しません。

 


ビジネスは結局「人」がやるものだから、「人」として成熟していないとその会社の商品やサービスにお金を払おうとはしないものです。

 


だから、優秀な経営者になりたければ、どんな仕事であっても上司から認められるような仕事と人間性を身に付けることが必要なんです。

 


「人」の上に立つ人は、誰からも信頼されて、尊敬される人間になることです。

 


そのためには、自分に関わる人すべてに対して関心を持つことです。

 


良い経営者に限って、良い従業員として上司からも部下からも信頼されていたものです。

 


だから、経営者になる前に自分が良い従業員であったかを振り返ってほしいと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#良い経営者#良い従業員#人に使われたくない#パワハラ#モラハラ#相手の立場に立つ#人として成熟#人間性#尊敬#信頼#アマゾン#楽天#セルバ出版#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀f:id:naoki3244:20230128065447j:image

名ばかり管理職

店長を名ばかり管理職にするな!

 


名ばかり管理職」という言葉がありますが、飲食店の場合は名ばかり店長になります。

 


特に中小飲食企業では、ただ店を見てるだけの店番店長は少なくありません。

 


たとえば、正社員であるという理由だけで、店長になっている従業員もいます。

 


私が在籍したマクドナルドでは、売上だけでなく、すべての経費管理やアルバイトの採用、損益計算書の作成や管理も基本的業務になります。

 


また、一般的に店長は管理職とされているケースが多いので残業代も付かない場合も少なくありません。

 


最近では、店長は管理職ではないという議論もあります。

 


ただ飲食店店長という仕事は、1つのお店を任されている店舗の最高責任者であり、残業代が付くとか付かないとかよりも、ただ店番の店長が存在しては、そのお店の成功はありません。

 


今回のコロナにより多くの飲食店が廃業や撤退いますが、今こそ1つのお店を最大限に売上を上げられる飲食店店長が必要になってきました。

 


飲食店で成功するには、優秀な店長なくしてはあり得ないことを理解してほしいと思います。

 


#飲食店#飲食店店長#飲食店経営#飲食店経営者#名ばかり管理職#名ばかり店長#店番#マクドナルド#損益計算書#店舗最高責任者#ナンバー2養成#人材育成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀f:id:naoki3244:20230127065024j:image

会議

会議は社長が仕切るな!

 


ほとんどの中小企業のミーティングや会議などはは社長1人が話す独演会と化しています。

 


社長が議事進行をしながら、自分が言いたいことを一番的確な意見を言うのですから、独演会になるのは当たり前です。

 


だからこそ、議事進行はナンバー2がやるべきなんです。

 


社長が発言をしたくなった時には、司会者であるナンバー2に発言の許可を求めることで、自然と社長の発言の機会は減ります。

 


他の社員も、司会がナンバー2ということで発言しやすくなり、ミーティングの雰囲気が良くなることは間違いありません。

 


また社長が自分で議事進行をしながら意見を述べていた時と比べて、社長自身が会社の状況をより客観的に見られるようになることも大きなメリットなんです。

 


ナンバー2にまだなり切れない人も、まずはミーティングを仕切ることから始めてみませんか?

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#ナンバー2が仕切る#ミーティング#会議#仕切る#独演会#議事進行#司会者#雰囲気#客観的#人材育成#ナンバー2養成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀f:id:naoki3244:20230126065633j:image

入りを量りて出ずるを制する

入りを量りて出ずるを制する

 

言葉の意味を要約すると、「収入に応じた支出計画を考えなければ、貯金はたまらない」ということなんです。

 


これは、経営バランスを整えるうえで、最も大切な教えを表しています。

 

なぜなら、会社は、お金で始まり、お金で終わるからなんです。

 

どういう事かというと、会社のお金が無くなると、簡単に言えば会社が倒産する、ということです。

 

収入よりも多い経費を使い続けたらどうなるでしょう?

 


収入に応じた経費バランスを整えることが、中小企業の経営を整えるはじめの一歩になんです。

 


また、従業員の時にもらった給料を使い切る生活をしてた人は絶対に経営してはいけません。

 


どんなに経営が上手くいって儲かっていても、いつ売上が落ちて資金繰りに苦しむか分からないから、儲かっても資金を蓄える意識のない人は絶対に会社を潰します。

 


経営者になったら、その経営が長く続くようにお金の使い方をは慎重にならなければいけません。

 


その基本が入りを量りて出ずるを制するなんです。

 


#飲食店#飲食業#飲食店経営#入りを量りて出ずるを制する#収入#支出#貯金#経営バランス#整える#お金で始まりお金で終わる#倒産#経費バランス#給料を使い切る#資金繰り#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#服部直紀f:id:naoki3244:20230125064656j:image