コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

組織は経営者の器に比例する

組織は経営者の器に比例する 組織が大きくなる過程で色々な社員が入ってきます。 特にナンバー2になる人材は経営者以上の能力を持った人も少なくありません。 経営者がその人材を上手く活用してナンバー2としての力を存分に発揮すれば必ず大きな組織に成長し…

あなたのお店は必要とされてる?

あなたのお店は必要とされてる? 私たちは社会の中で生きています。 現代社会は、事業を提供する会社に人が集まり、人と人が一緒に仕事をしている社会になっています。 つまり、私たちは事業からなる社会に生きているんです。 人間は、常に何かを考えずには…

改革には血が流れる

改革には血が流れる コンサルティングの案件でもっとも多いのが経営の立て直しです。 売上が減少して赤字が続き、社内で色々改善したものの改善出来ずに専門家に依頼してくるケースが多いんです。 社内での改善は、現場の意見を尊重して販促にお金をかけると…

飲食店店長は一喜一憂するな!

飲食店店長は一喜一憂するな! 売上が下がったり、利益が減った時は誰でも落ち込むものです。 でも、店長がその時に一喜一憂していては心が持ちません。 どんなビジネスでも必ず売上や利益の波はあります。 良い時もあれば悪い時もあります。 だから、結果で…

経営者は真実を見極める

経営者は真実を見極める 今の世の中は事実に右往左往することが多く、経営者も事実に振り回されているのではないでしょうか。 飲食店経営でも売上が落ちている事実にあたふたして、世の中のせいや今であればコロナのせいにしている経営者や店長は非常に多い…

今、飲食店店長にできること

今、飲食店店長にできること 新型コロナウイルスの影響で売上が落ち込んでる店舗がほとんどだと思います。 こういう時には心が右往左往して、毎日日々の運営どころじゃない気持ちの店長は多いと思います。 でも、こういう時に飲食店店長としての本質が現れま…

続けるにはコツがある

続けるにはコツがある 今やっていることを毎日続けるためのコツって何でしょうか。 何をやっても続けられないことに悩んでませんか? 継続は力なりと分かっていても、できないことはあるものです。 実は、人間はもともと続けることが苦手な動物なんです。 動…

テナントに入る場合は慎重に

テナントに入る場合は慎重に ここ最近名古屋は、名駅周辺のビル開発から始まり、現在は栄地区の再開発の動きが活発になっています。 このような新しいビルには飲食エリアができて、飲食店も有名店などが入ると思います。 しかし、中小の飲食店が入るには慎重…

立場が人の顔を変える

立場が人の顔を変える 人は社会の中で色々な顔つまり態度を持つものです。 組織の中でも、経営者の顔、上司の顔、部下の顔など立場によって見られる顔は違います。 また、立場が変わって受ける評価も変わります。 同僚の時はすごく良い人だと思ってたら、上…

原因は内部にある

原因は内部にある 経営が上手くいかなくなると、多くの経営者は世の中のせいにしたり、景気や政治のせいにします。 特に、今のコロナ禍では他責にしやすい状況にはなっています。 しかし、経営を他のせいにして解決することは100%ありません。 でも、意外と…

日本の企業に本当の能力主義はない

日本の企業に本当の能力主義はない 私のような経営コンサルタントの評価はクライアントが行い契約を継続するかどうかは、出した結果で判断されます。 そこには能力主義以外存在しません。 しかし一般企業では評価の際に結果以外にも会社や上司に対しての態度…

コンセプトは一貫性が大切

コンセプトは一貫性が大切 飲食店経営にお店のコンセプトは非常に重要であり、コンセプトが必要ないという経営者はいないと思います。 でも、コンセプトをお客様の来店からお帰りまで一貫してお客様に感じて頂いてるお店は少ないと思います。 これは普通の会…

経営者は組織を正しく理解する

経営者は組織を正しく理解する 経営者が起業してから会社を大きくするには、従業員を採用することが必要です。 しかし、採用して人数が増えただけで会社が大きくなるわけではありません。 経営者と従業員がそれぞれの役割を理解して、職責を果たすことで会社…

店舗のあるべき姿をイメージする

店舗のあるべき姿をイメージする 店舗を立て直し黒字化する方法は、あるべき姿を明確にイメージするところから始まります。 なぜなら、店舗のあるべき姿を明確にイメージしないと何をどう立て直すべきかがわからないからです。 店舗のあるべき姿には、経営理…

ムダを省くとケチは違う

ムダを省くとケチは違う コストダウンを考えるとき、一般的には人件費、接待交際費、広告宣伝費、水道光熱費といった経費から優先的に削減が図られます。 たとえば、広告宣伝費は必ずしもお金をかけて行わなければならないものではありません。 チラシや看板…

部下に丸投げするな!

部下に丸投げするな! 部下は信用すべきですが、信頼してしまってはダメです。 つまり部下は信じて用いることが大切です。 ただし信じて頼ってはダメです。 いわゆる丸投げ状態ではダメと言うことなんです。 場合によっては,失敗して痛い目に合うのも成長に…

人は勝手に育たない

人は勝手に育たない 人間として産まれても幼いころに動物に育てらると、一緒にいた仲間の動物と同じような生き方になるケースは多いと聞きます。 このように人間は周りの環境によって育ち方は変わるものです。 だから、新人社員をほったらかしにして正…

繁盛するコンセプトの作り方

繁盛するコンセプトの作り方 お店の魅力をシンプルに表現するうえで重要なのがコンセプトです。 コンセプトは一般的に概念と訳されますが、ビジネスの世界においては事業の中心思想、基本的な考え方といった意味で使われます。 飲食店では、誰に、何を、どの…

コミュニケーションを正しく使う

コミュニケーションを正しく使う ある調査で上司と部下のコミュニケーションの実態が記されていました。 上司に対して「部下とコミュニケーションが取れているか?」 取れている87%取れていない13% 部下に対して「上司とコミュニケーションが取れている…

飲食店の一発屋になるな

飲食店の一発屋になるな お笑い芸人で一発屋と呼ばれる人は少なくありません。 一世を風靡して、一気に知名度を上げてテレビ局から引っ張りだこになります。 その時の芸人の気持ちはこのまま人気は続くと思うものですが、あっという間に人気は下がりテレビ局…

会社の社会貢献とは納税から

会社の社会貢献とは納税から 以前、お笑い芸人が国税局から指摘を受け追徴課税を支払った話題がありました。 その人は、基本的に社会人としての無知が招いたことだと思いますが、経営者の中にも脱税に手を染めて犯罪者になる人もいます。 経営者が自分の会社…

部下を育てる時間に

部下を育てる時間に このコロナ禍でほとんどの飲食店が国や自治体からの要請を受けて時短営業や休業していると思います。 でも、ただ休業しているだけでは従業員やスタッフにも生活があり収入が減ることで退職になったり辞めなくても、モチベーションは相当…

税金対策よりも貯金

税金対策よりも貯金 確定申告の時期が近づいてきました。 昨年は、コロナ禍で売上を上げること自体が大変だったと思います。 売上が少なかったために税金対策をする必要もないのかもしれません。 中には、コロナ対策で無利子で融資を受けた経営者が融資金を…

強すぎるこだわりを見習うな

強すぎるこだわりを見習うな こだわりの強い店主の飲食店をテレビや雑誌などメディアが取り上げて、そのお店を持ち上げることがあります。 また、そんなお店を真似する飲食店経営者や店長も少なくありません。 笑顔のない無愛想な店主 何時間も待たせる店主 …

危機で人間の本性が現れる

危機で人間の本性が現れる 新型コロナウイルスで国や自治体のトップが毎日のように言葉を発してきました。 その中でも一番レベルが低いのが、政府の政治家たちだと思います。 やったことに批判されるたびに、自己防衛のように言い訳を繰り返す姿は以前のモリ…

潰れる飲食店、生き残る飲食店

潰れる飲食店、生き残る飲食店 なかなか収束が見えないコロナ禍ですでに潰れた飲食店は少なくありません。 でも、簡単に潰れた飲食店はコロナ禍の影響がなくても遅かれ早かれ潰れていたと思います。 簡単に潰れる飲食店は、ファンのような常連の固定客をしっ…

今こそ徹底的にやれ!

今こそ徹底的にやれ! 飲食店はコロナ禍で何度も休業要請や時短要請があり常に振り回されています。 営業対策でテイクアウトやデリバリーを行っているお店も少なくありません。 また、水商売などテイクアウトやデリバリーに馴染まない店も多く、ほとんどの飲…

お金の大切さを実感せよ

お金の大切さを実感せよ コロナ禍で資金繰りが苦しくなってる経営者は多いと思います。 政府の支援策に不満を感じている経営者も少なくありません。 でも、その前に経営者として資金を十分に確保してなかった反省をするべきなんです。 特に、すでに廃業して…

「お金」の正しい感覚とは?

「お金」の正しい感覚とは? 経営で大切なことは、「お金」を残すこと、つまり利益を上げられなければ経営ではありませんし、それが出来ない人は経営者とは呼べません。 そのために大切なことは「お金」の感覚を磨くことです。 売上金の「お金」は経営者の「…

繁盛しても安心するな

繁盛しても安心するな 飲食店で売上が順調に上がって、安心して値上げに転じることは少なくありません。 そして、売上が激減していき経営危機に陥入るケースは大手企業でも存在します。 私が所属したマクドナルド、牛丼の吉野家、いきなりステーキなど、値上…