コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

「なぜ経営者をやっているのか」部下に伝えていますか?

「なぜ経営者をやっているのか」を

部下に伝えていますか?

 


社長が「なぜ経営者をやっているのか」を示すことは大切なんです。

強い組織にはゴールデンサークルと呼ばれる、3つの円があると言われます。

 


ゴールデンサークルとは、

•何のためにやっているのか

•どうやって実現するのか

•具体的にどんな活動をするのか

を表現した3つの円です。

 


「なぜ経営者をやっているのか」は、まさに一番中心に近い部分なんです。

とくにサラリーマン経営者の場合、社内のメンバーからすると、「なぜ経営者をやっているのか」が見えづらいケースが多いんです。

 


創業社長と比較して、創業物語が世の中にあふれているわけでもないし、堅実だが強烈なエピソードをもたない経営者もたくさんいます。

 


そうすると、一緒に働いたことがある社員は、何のために経営者をやってることを理解していても、それ以外の社員は理解していないケースも多いものです。

 


その場合、彼らは「なぜ出世して経営者になったのか」という形式的な理由は理解できるが、本質的な理由である「なぜ経営者をやっているのか」は見えづらくなります。

だからこそ、それを言葉でしっかり伝える必要があるのです。

 


ただ、この際に大事なのは、壮大なビジョンを語ることではありません。

 


明確に、従業員を大切にするために経営者をやっていると語る経営者もいれば、反対に口では壮大なビジョンを語っていても、実態が追いついていないケースも存在しています。

 


重要なのは、なぜ経営者をやっているのかを、言動や行動で伝え続けることなんです。

経営者として大切にしてる考え方や人生観や哲学を経営の中で体現することによって

社員に伝えることができます。

 


#飲食店#飲食店経営#なぜ経営者をやっているのか#ゴールデンサークル#何のためにやっているのか#どうやって実現するのか#具体的にどんな活動をするのか#サラリーマン経営者#創業社長#壮大なビジョン#考え方#人生観#哲学#社員に伝える#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20191211073411j:image