コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

ワンマン社長の強みとは?

ワンマン社長の強みとは?

 


経営判断や意思決定の速度が速いことが、ワンマン社長の経営する会社の最大の強みなんです。

 


今回のコロナでも、意思決定の早い経営者はすぐに緊急融資を申し込んだり、持続化給付金によって経営を続ける対策を徹底的に打っています。

 


このように、経営者が一人で全ての判断を下していくので、正しく経営判断のできる人物が社長の場合は会社は成長するし危機でも生き残っていくでしょう。

 


起業してから10年ほどは、ワンマン経営の方が迅速な行動をとれるので、その時の流れに乗りやすいというメリットがあると思います。

 


しかし一方で、社員がイエスマンばかりになってしまい、後継者が全く育たないという大きな弊害を生むこともあります。

 


そうすると、万が一自分に何かあった時の決断を下す人物が育成されておらず、進退窮まる状況へと陥ってしまいます。

 


そうなってしまわないためにも、社員を育てることが大切なんです。

 


経営と社員教育を別のものと考えずに、社員教育こそが会社経営において絶対に必要なものだと考えることです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#ワンマン社長#経営判断#意思決定#コロナ#緊急融資#持続化給付金#生き残る#迅速な行動#イエスマン#後継者#社員教育#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランスf:id:naoki3244:20200731073320j:image