コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

常に社長の目線で考える

常に社長の目線で考える

 


従業員が社長と同じ目線になることはありません。

 


しかしナンバー2だけは社長と同じ目線になることが、自分の大きな責任の1つとして捉えることが必要なんです。

 


ナンバー2は、社長の考えや方針など部下に伝える役割があります。

 


その際に、社長と同じ目線で物事を考えないで、どこかに自分の考えを含めて伝えると、社長の思いとは違う方向に進んでしまう可能性が出てくるんです。

 


社長だったらどう考えるのか?社長だったらどう振る舞うのか?

などなど、、

 


業務中、業務外を問わず、また誰も見ていなかったとしても、ナンバー2として、常に社長の目線で考え行動する必要があります。

 


社長にとっても「いつでも自分と同じ判断をしてくれる」

という安心感を持てる人材になることがナンバー2としての責任を果たすことになるんです。

#会社#社長#経営#組織#ナンバー2#副社長#専務#社長目線#社長はどう考えるのか#社長はどう振る舞うか#社長で行動する#社長の安心感#人材育成#ナンバー2養成#経営コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#人材育成システム#無料相談受付中f:id:naoki3244:20190618075143j:imagef:id:naoki3244:20190618075143j:imagef:id:naoki3244:20190618075143j:image