コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

アナログがお客様の心を掴む

アナログがお客様の心を掴む

 


最近、お客様への告知やメッセージはほとんどがメール配信やLINE投稿などだと思います。

 


私自身も、通販サイトや保険会社などから頻繁にメールが送られて来ますが、ほとんどよく読まずにスルーしています。

 


飲食店も同じようにメッセージを送っても読んで理解するお客様はごく僅かではないでしょうか?

 


今はネットでの告知やメッセージが溢れているので、どんなに誠意を込めたメッセージであっても効果はあまりありません。

 


昔は郵便でハガキや封筒で告知していた飲食店も多かったのですが、手間がかかるために次第にネットに移行していきました。

 


だからこそ、これからはアナログの手書きのメッセージは文字で心を伝えられて、それがお客様の心に響くことは少なくありません。

 


実際に最近は郵便で届くハガキや封書は少ないと思いますが、届いたら中身を確認する人は多いと思います。

 


私のクライアントでも、10年以上前からマーケティングとしてDM郵送を続けてお客様との関係を構築してきました。

 


そのために、コロナで一時的に売上減少はあったものの、現在はコロナ以前に近い売上に回復しています。

 


これからは、安易に流行りを追いかけずにアナログな手段を使いながら、お客様と良い関係を構築するお店が生き残ることができると思います。

 


現在は販売促進活動を一から見直す時期に来ていると思います。

 


#飲食店#飲食店店長#飲食店経営#飲食店経営者#アナログ#心を掴む#メッセージ#ハガキ#封書#マーケティング#良い関係の構築#ナンバー2養成#人材育成#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#フリーランスf:id:naoki3244:20201031072709j:image