コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

テナントに入る場合は慎重に

テナントに入る場合は慎重に

 


ここ最近名古屋は、名駅周辺のビル開発から始まり、現在は栄地区の再開発の動きが活発になっています。

 


このような新しいビルには飲食エリアができて、飲食店も有名店などが入ると思います。

 


しかし、中小の飲食店が入るには慎重さが求められます。

 


人の流れは新しいビルができれば、最初はそこに集中して毎日行列ができる忙しさになります。

 


でも、次に新しいビルができると人の流れは変わり、それまでの忙しさはなくなっていくものです。

 


実際に、名駅大名古屋ビルヂングが完成した時に人が集中しましたが、次にゲートタワーができたら人は離れていき、飲食エリアも閑散としていきました。

 


飲食店がテナントとしてビルやショッピングセンターに入る場合には、その施設の集客にほとんど依存しており、施設の人気がなくなればテナントの飲食店も同じように客数は減っていきます。

 


また、新規物件は開業費用や家賃も高く、高い売上が続かないと経営は厳しくなります。

 


だから、テナントで入る際には慎重に判断することが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#テナント#慎重に#ビル閉館#再開発#飲食エリア#人の流れ#閑散とする#ショッピングセンター#施設の集客#新規物件#開業費用#家賃#慎重に判断する#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210120153515j:image