コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

屈辱感

劣等感と屈辱感

 


劣等感と屈辱感を同じように捉えている人は少なくないと思います。

 


しかし、実際には人生で成功するために決定的な違いがあります。

 


劣等感とは、自分の存在そのものが劣っており他人と比較することでしか人間関係を作ることができない人のことです。

 


だから、劣等感は人生を生きる上では何をしても自分はダメな人間だと思い込んでおり、何も挑戦しようとはしません。

 


逆に屈辱感とは、人生の中で色々なことに挑戦したが敗北したり失敗したことに対して自分が歯痒いと思う気持ちのことなんです。

 


だから、屈辱感を持つ人は自分はダメだと思っておらず、挑戦したが今回は敗北したことを悔しく思っているので、次の挑戦の原動力になるのです。

 


人生には失敗は付き物です。

ただ、挑戦しなければ失敗もありません。

 


でも、劣等感の人は最初から挑戦はしません。

だから、失敗も経験しない代わりに成長するための資格も失ってしまうんです。

 


成長するためには、屈辱感を持って何事にも挑戦することが大切なことを忘れてはいけません。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#劣等感#屈辱感#他人と比較#挑戦#敗北#失敗#成長#人材育成#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210530072115j:image