コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

自分の責任

部下のミスを自分の責任に

 


多くの上司は、部下のミスを叱責します。

 


また、それを上司として当たり前の対応だと思ってる人は少なくありません。

 


それが社内だけのミスであれば、大きな問題になることはありません。

 


ただ、それがお客様や取引先に対するものの場合、それが炎上して大きな問題なることがあります。

 


飲食店での接客態度や料理の異物混入などで、部下の責任を叱責することはお客様からは不快感や不信感につながることがあります。

 


私自身、店長時代にクレーム対応でスタッフをお客様の目の前で叱責したこともありませんし、お客様には自分の教育が至らなかったことをお詫びしていました。

 


そして、スタッフにはなぜミスや態度が悪くなったかの原因を追求して、二度と同じミスをしないように諭すことだけをしていました。

 


上司は、部下がミスをしても、まずは上司としての自分の発言や行動を振り返ることが大切なんです。

 


人間はミスをする生き物です。

だから、仕事では細心の注意を払うことが必要です。

 


でも、人間はその時の心理などが仕事に影響することは少なくありません。

 


上司として、部下が平穏な状態で仕事ができているかを見ることも大切な役割だと思うことです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#部下のミス#自分の責任#ミスを叱責#お客様#取引先#炎上#接客態度#異物混入#クレーム#原因を追求#平穏な状態#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210903072400j:image