コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

飛び越し禁止

社長はナンバー2を飛び越してはならない!

 


ナンバー2を特別扱いする上で大切なことは飛び越し禁止です。

 


飛び越し禁止とは、社長はナンバー2を飛び越して他の社員に指示をしてはいけません。

 


また、部下の社員もナンバー2を飛び越して社長に報告するな!ということなんです。

 


社長がナンバー2を飛び越して社員に指示しているうちは、ナンバー2の主体性は育ちません。

 


社長はどんな細かいことでもすべてナンバー2を通じて社員に伝えるようにしなければいけません。

 


社員から直接質問をされても、例えば「副社長の○○さんに聞いて」と返すのです。

 


これによりナンバー2は自分で考え決断できるようになります。

 


ただ、いくらナンバー2を尊重していても、どうしても口を出したくなってしまうのが社長というものです。

 


その時の判断基準は「これを見逃したら会社は潰れるか?」

 


この基準に触れるようなら存分に口を出して構いません。

 


逆に、この基準に合わないのであれば、口を出さないことでしか会社の成長はないのです。

#社長#ナンバー2#副社長#専務#飛び越し禁止#特別扱い#指示#主体性#細かいこと#直接質問#決断#判断基準#人材育成#ナンバー2養成#経営コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#人材育成システム#無料相談受付中f:id:naoki3244:20190127083701j:image