コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

焼肉屋に変わって大丈夫?

焼肉屋に変わって大丈夫?

 


コロナの影響から、業態を変える飲食店が増えています。

 


特に、大手居酒屋チェーンの和民では焼肉業態に変更しようとしています。

 


他の中小の居酒屋チェーンでも郊外型の店舗をカフェ業態に変える動きも目立っています。

 


ただ、コロナでは何が見込めるかを考えると思います。

 


たぶん、多くの経営者が今後の流行りを考えるのですが、それが長く続くことができるかは難しいと思います。

 


コロナにより焼肉業態は換気が良いので感染対策になっているので、焼肉業態に走りたがるのは分かりますが、焼肉店ばかりが増えてもすべての店舗が潤うことはありません。

 


逆に、同じ業態での競合が激化して売上の低迷を招き、経営が立ち行かなくなることも考えられます。

 


また、焼肉店は他店との差別化を図ることが難しいんです。

 


以前は、黒毛和牛一頭買いを謳って差別化出来た時期がありましたが、お客様がそこにあまり価値を見ていません。

 


焼肉業態自体は、日本人のハレの日には寿司業態と同じくらい多くの需要が見込まれますが、店が多くなり差別化も出来ないと安売りに走る大手も現れてくると、個人店は太刀打ちできなくなります。

 


だから、焼肉屋が良いからと安易に業態を変えるのではなく、自分が自信のあるお店の魅力を磨き上げる方が良いと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#焼肉屋#業態変更#和民#ハレの日#黒毛和牛一頭買い#差別化#魅力を磨く#人材育成#スゴイ!店長育成塾#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#フリーランスf:id:naoki3244:20201112072538j:image