コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

生き残るお店の特徴

生き残るお店の特徴

 


例えば、回転寿司やファストフードや牛丼店のようなお店は滞在時間が短いため、売り上げが戻りやすい傾向にあります。

 


コロナで売上が戻り辛いお店は、お客さんが長居するような一見客の多い居酒屋業態のお店なんです。

 


これから伸びる飲食店は、住宅街にあるお店です。

 


今まで都心部のお店が担っていたランチや夕食の需要を担うことになり、実際に売り上げが対前年比を大幅に超えているお店も存在します。

 


特に、元々二毛作営業やテイクアウトを行っていた店は強いと思います。

 


昼と夜で別の業態を経営しているお店がありますが、お昼はおしゃれなカレー屋さんで、夜はバー、といった店舗です。

 


こういったお店は、どちらかの業態が不調でも、別の業態で稼げるので強いと思います。

 


また、コロナ禍を受けてテイクアウトを始めても、お客様にテイクアウトをやっていることが伝わるまでに時間がかかるものです。

 


したがって、コロナ禍だからと言って付け焼き刃のように新たなことを始めても、それで元に戻ることは難しいと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#生き残るお店#回転寿司#ファストフード#滞在時間が短い#長居する#住宅街#二毛作#テイクアウト#付け焼き刃#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#フリーランスf:id:naoki3244:20201114152905j:image