コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

言葉のとらえ方

言葉のとらえ方は人それぞれ

 


言葉を発した側には悪気がなくても、受け取り手がその言葉をどうとらえるかは、コントロールすることができません。

 


いくらプラスの意味で発していたとしても、相手がマイナスの意味でとらえているなら、その時点で言葉のギャップが生じています。

 


たしかに、「相手がどう思うか」ばかり気にしていたら、仕事になりません。

 


ただ、言葉が人に与える影響は多大なんです。

 


毎日接する部下であっても、自分の発した言葉が100%、思惑通りに相手に伝わっているとは限らないことを認識することが大切なんです。

 


自分がプラスの意味で使っているつもりでも、意外とマイナスの意味でとらえられていることがあるかもしれませんし、その逆もあると思います。

 


小さなことですが、言葉が人の意識に与える影響は大きいものです。

 


だからこそ、言葉の使い方には敏感である必要があります。

 


伝えるだけで満足してしまうリーダーが多い中で、できるリーダーは「伝えた言葉を相手がどう受け取るか」までこだわっているものです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#言葉の捉え方#人それぞれ#悪気はない#コントロールできない#プラスの意味#マイナスの意味#言葉のギャップ#相手がどう思うか#影響#思惑通り#言葉の使い方#敏感になる#伝えるだけで満足#できるリーダー#こだわる#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210310070929j:image