コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

生き残っている飲食店とは

生き残っている飲食店とは

 


コロナ禍により廃業した飲食店は後をたちません。

 


しかも、3月4月のコロナの初期に廃業した飲食店は少なくありません。

 


現在も生き残って経営を続けている飲食店にはある特徴があります。

 


それは、やれることをすべてやっている飲食店は頑張って経営を続けています。

 


つまり、雇用調整補助金や持続化給付金、家賃支援給付金など国の支援策への申請と日本政策金融公庫などのコロナ特別融資による無利子融資への申込という資金繰りを悪化させないための対策をすべてやっているということなんです。

 


廃業しても、それを正当化している飲食店経営者が見られますが、経営者の最大の責任は経営を継続することです。

 


そこには何の言い訳もしてはいけません。

特に、従業員を雇っている以上従業員とその家族の生活を守ることも経営者の責任だからです。

 


実際に、多くの飲食店経営者は資金繰り対策を取りながら、業態変更や従業員教育に時間を使い店舗のレベルアップや生き残り策を実行しています。

 


どんな苦境に陥っても生き残る道は必ずあるものです。

 


だから、あきらめずにすべての対策をこうじる経営者が成功を手にするのだと思います。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#生き残る#コロナ禍#廃業#給付金#日本政策金融公庫#特別融資#無利子#やるべきこと#あきらめない#ナンバー2養成#人材育成#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#フリーランス#服部直紀f:id:naoki3244:20201205070717j:image