コンサルティングオフィス服部

経営コンサルタント(企業ナンバー2養成/スゴイ!店長育成塾)

質問力

質問力を発揮する

 


質問力を発揮することは、上司の頭の中と部下である自分の頭の中を同じイメージにするということなんです。

 


上司が求めるアウトプットイメージとギャップがないように、対話を通じてイメージの統一をするんです。

 


この質問を中心とした上司との対話が仕事を進めていく上で一番重要なポイントなんです。

 


対話で上司が求めるイメージがきちんと確認できれば、大きな失敗はありません。

 


相手がどんな上司であれ、このプロセスを軽視してはいけないんです。

 


自分へのリスクヘッジのためにも、十分なコミュニケーションを取ることです。

 


上司と定期的に作業確認をしている限り、上司は安心して作業を任せることができるんです。

 


そういう意味で、仕事をする上での報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は極めて重要なんです。

 


イメージ通りの仕事をしている限り、上司は部下を信頼し、次の仕事を任すことになります。

 


さらに、イメージを遥かに越えた付加価値の高い仕事をすれば、上司はその部下に対して絶対的な信頼を持つことになります。

 


逆に、イメージから外れたりするのであれば、次の仕事を任されることないかもしれません。

 


だから、上司に対して質問力を発揮して信頼関係を構築することが大切なんです。

 


#飲食店#飲食店経営#飲食店経営者#飲食店店長#質問力#頭の中のイメージ#アウトプット#ギャップ#上司との対話#プロセス#コミュニケーション#ホウレンソウ#付加価値#信頼関係#リスクヘッジ#人材育成#スゴイ!店長育成塾#飲食店店長がいま直面する課題解決の教科書#飲食店コンサルタント#コンサルティングオフィス服部#服部直紀#フリーランスf:id:naoki3244:20210317152719j:image